Top > マッサージ > 「ダイエット効果」をあげるツボ

「ダイエット効果」をあげるツボ

適度な運動、適度な御膳生活を心がけとるんにダイエットん効果がでなくてお悩みん方へーらっしゃおりませんか。

せっかく運動をしいやいても血液ん流れが滞っとったり、代謝があんじょう働いていおへんどしたりしはると、そん効果が思うように発揮されてへんことをご存じどすか。

今回は、体重を減らそないとおきばりおる方をサポートしはるツボをいくつかご紹介します。

はじめに血液ん流れをよおしはる、要は、血行をよおしはるツボとしいや「血海(けっかい)」「陰陵泉(いんりょうへん)」「豊隆(ほうりゅう)」「三陰交(はんいんこう)」をご紹介します。

まず「血海(けっかい)」どすけど、ひざてしょーん内ねぎで上ヘリより指3本分上に位置し、次に「陰陵泉(いんりょうへん)」とよばれへん、ひざ関節ん外ねぎん下におます突き出どした骨ん下んくぼみにツボ、ほんで「豊隆(ほうりゅう)」とよばれとる膝んてしょーん外ねぎにおます出っ張った骨と外ねぎんくるぶしを結んや線ん中央より指数本分ほど上に押し、ベッチャコとなる「三陰交(はんいんこう)」は内ねぎんくるぶしより指4本分上に位置しはるツボをマッサージしいやいきまひょ。

これらん下半身んツボをマッサージしはることで、血行をようし代謝を高め、消費しやすい体作りへとサポートしいやくれます。それらんツボで血行や代謝をようどしたあとは、「腎兪(じんゆ)」ちゅうウエストん一番細いライン上で、背骨より指2本分外ねぎにむかった位置におますツボをマッサージしいや、体ん中に溜まっとるであろう老廃モンや余分な水分を排出させまひょ。

そもそも、「ダイエット」とは「ダイエット=痩せる」ちゅう意味ほななく、食べ過ぎ、痩せすぎやらなんやら人が御膳療法や運動療法で丈夫的な体重に近づけるといった意味合いがありますが、なん事も「すぎる」ちゅう偏った方法でとらわれんと、健全なダイエットを心がけまひょ。地道なそん努力はきっと結果につながっていきますよ。

マッサージを愛する人たちのブログ

マッサージ

関連エントリー
「ダイエット効果」をあげるツボ